歩き方交通アクセスご意見・お問合せ 九州・山口の近代化産業遺産群

三池炭鉱の世界遺産候補施設

三池港

1908(明治41)年開港 【大牟田市新港町】

三池炭鉱宮原坑

1898(明治31)年開坑
【大牟田市宮原町】

三池炭鉱専用鉄道敷跡

1891(明治24)年
横須~七浦間開通

万田坑・三角西港(三角旧港)

【熊本県荒尾市原万田】

【熊本県宇城市三角町】

三池炭鉱の世界遺産候補施設

三池港閘門

1908(明治41)年竣工、現在も稼働しています。

旧長崎税関
三池税関支署

1908(明治41)年、三池港の開港と同時に開庁。

旧三川電鉄変電所

1909(明治42)年以前に建造された三池炭鉱専用鉄道の変電所。

旧三井港倶楽部

1908(明治41)年竣工。船員の休憩所や政財界の社交場として建設。

宮浦坑跡
(宮浦石炭記念公園)

1887(明治20)年開坑。三池炭鉱の主力坑の一つ。

旧三池集治監外塀

1883(M16)年開庁の石炭採掘を主な目的とした囚人収監施設。

大牟田市石炭産業科学館

日本の近代化をエネルギーの面から支えてきた大牟田の石炭をテーマに、人、エネルギー、そして地球環境を考える科学館です。模擬坑道やエネルギー体験遊具などで楽しく学べます。

大牟田市石炭産業科学館

カレンダーの緑色の日が公開日です。 公開時間 10:00~17:00

 なお、平成28年4月1日より公開時間が一部変更となります。
 平成28年4月1日以降の公開時間 9:30~17:00(最終入場は16:30まで)

宮原坑  ※当面のあいだ、宮原坑は毎日公開します。
三池港 ※有明海沿岸道路脇の展望所から毎日公開しています。
旧長崎税関三池税関支署  ※土日祝日公開します。
三川坑  ※土日祝日公開します。